海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

ハワイの電圧に対応した≪延長コード≫があると旅行の役に立つ理由

ハワイ旅行で役立つアイテムとして≪延長コード≫があげられる理由をご存知ですか?

 

前提として日本とハワイは電圧の差があるので海外に対応したものを用意する必要がありますが延長コードを持っていくと役に立つ、むしろないと困ると言ってもいい理由を紹介します!!

 

 

 

コンセントの数が少ない

高級ホテルなどは比較的コンセントの数も多いかもしれませんが、それでも二人で一部屋のコンセントを共有となると物足りない可能性があります。そもそも既に照明などでいくつかコンセントを使用している場合もあり、それをいちいち抜き差しするのも大変ですよね。

そんな時に取り口がたくさんある延長コードがあればコンセントを取り合うこともなくなりますね!スマートフォンやタブレット、カメラやポケットWi-Fiなど旅行中持ち歩き、ホテルで充電が必要な電化製品はたくさんあります。せっかく持ってきたのに充電できずに荷物になるだけ・・・なんてことにならないように延長コードはしっかりと準備しましょう!

 

意外と使いにくいところに配置してあるコンセント

ホテルにもよりますが意外と手の届きにくいところにコンセントが配置してあることがあります。ベッドの近くには無く、テレビの近くやテーブルの下など・・・。こんな時も延長コードがあればソファやベッドから手の届くところまでコンセントを引っ張ってくることができますね。スマートフォンなどよく手に取るアイテムはなるべく手元に置いておきたいですからね!

 

モバイルバッテリーの充電スペース確保

 

最近はスマートフォンの高性能化が進んでいますが、やはりハイスペックなぶん充電の減りが早くなってしまうようです。その対策として近頃モバイルバッテリーの需要が高まっていますね!海外旅行だと慣れない地ということもあり普段よりスマートフォンを使う時間が増えてしまい結果充電の減りも早いようです。外で充電が切れてしまい連絡が取れなくなってしまった・・・ということのないようにモバイルバッテリーを持っていくといいでしょう。となるとまたその分、充電スペースが必要となるわけですね、これ以外にも人によってはもっとコンセントが必要になることも。

 

そう考えるとやはり延長コードは必須アイテムと言っても過言ではないかもしれませんね。

 

※延長コードを持ち込む場合の注意点

冒頭でも触れましたが、日本とハワイには電圧の差があります。日本の電圧が100Vに対し、ハワイは110V〜120Vと高くなっています。日本の延長コードは、125Vのものがほとんどなので、この電圧の違い自体は問題ありませんしかし、ドライヤーなどの熱器具を利用する場合は、延長コードが熱を持って発火をする危険もあり得ます。充電器などを延長コードで使う分には問題ありませんが、ドライヤーなどは海外の電圧やワット数に対応したものを直接コンセントにさしたほうがいいかもしれませんね。

 



 

いかがでしたか?

ハワイ旅行の荷物チェックリストに延長コードを入れてなかった方は今からでも入れてみてはいかがでしょうか。電源をとりあってせっかくの新婚旅行で喧嘩に・・・なんてならないと思いますが、やはり持っていって損はないのでぜひ参考にしてください!!

 

 

TRIP&WEDDING  ADVISER  
KOYAN

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典 旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休

この記事をかいたひと

KOYAN

海外旅行とNBA(アメリカのバスケット)・ファッションが趣味です。
最近周りからは【旅行プラン】や【趣味】を考えている時、顔がニヤけているとよく言われます。34歳、やんちゃな3歳の息子と格闘中!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典

旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休