海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

【オーストラリア】ビザ取得方法まとめ!

日本のパスポートを所有している日本人は観光目的で外国に行く際多くの国ではビザの取得は免除されています。

ではオーストラリアの場合はどうでしょうか

今回はオーストラリア観光でビザが必要な場合とオーストラリアのビザであるETASについて簡単にご紹介させていただきます。

ビザ オーストラリア

 

 

オーストラリアにビザは必要?

端的に言うとオーストラリアに渡航する際には必ずビザの申請は入ります!

ただしビザとは言っても3ヶ月以内の滞在であれば大使館に赴いたり、パスポートを送ってスタンプを貰う必要はありません!

ETAS(イータス)と呼ばれる電子ビザを取得すれば簡単にオーストラリアに渡航することができます!

オーストラリア観光ビザETASって?

オーストラリアはビザが免除されている国籍(日本を含む)渡航者に対し電子渡航認証(Electronic Travel Authority System)の申請を義務付けています。

簡単に言えば電子ビザみたいなものだと思っていただければ結構だと思います。

ETASが必要な条件としては

・日本のパスポートを持っていること

・渡航の目的が観光、友人訪問、会議、展示会イベント参加であること

・一回の入国滞在期間が3か月以内であること

・その他オーストラリアビザを取得していないこと

以上4点になります

ETASの種類まとめ

ETASにも種類が存在することをご存知でしたでしょうか?

大きく分けて2種類観光用と短期商用にわかれます

観光ETA

3か月以内の観光目的での滞在が可能

オーストラリア政府移民局で申請した場合     AUS$20

代理店など代行サービスで日本から申請した場合  ¥500~4000

短期商用ETA

3か月以内の短期商用・公用活動が可能

オーストラリア政府移民局で申請した場合     AUS$20

代理店など代行サービスで日本から申請した場合  ¥500~4000

といった感じで2種類ETASにはあるんです。 

ETAS取得方法

先ほどもチラッっとご紹介させていただきましたが、ETASの取得方法には2種類あって、

代行サービスを使って申請する方法です

代行サービスををお勧めする理由はとても安く利用することができ、

日本語で入力が可能なんです!

忙しい方には代行サービスがお勧めです!

相場は1000円以内が妥当だと思います。

2つ目はオーストラリア移民局に自分で申請することです

日本語で申請することができるので時間がある方にはオススメ!

まとめ〜ビア取得について〜

いかがでしたでしょうかオーストラリア観光でビザが必要な場合とオーストラリアのビザであるETASについて簡単にご紹介させていただきました

些細なことでも気になることがございましたらお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典 旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休

この記事をかいたひと

KOYAN

海外旅行とNBA(アメリカのバスケット)・ファッションが趣味です。
最近周りからは【旅行プラン】や【趣味】を考えている時、顔がニヤけているとよく言われます。34歳、やんちゃな3歳の息子と格闘中!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典

旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休