シンガポールと言えば、マーライオン。マーライオンと言えば、シンガポール!

シンガポールとマーライオンは切ってもきれない関係にあります。マーライオンはライオンの頭部と魚の体をもつ架空の動物です。伝説によると、マレーシアの王子が11世紀頃、島(現シンガポール)を再発見した際、見たという獅子をマーライオンの頭にし、古代都市テマセク(ジャバ語の海の町という意味)にちなんで体を魚にしたものと言われています。

1972年にシンガポール政府観光局が、シンガポールのシンボルとしてマーライオン像を造り、設置したのが始まりです。
マーライオン像を見かけるチャンスはたくさんあります!!シンガポールには7頭のマーライオン像が存在します!マーライオン像散策されてみてはいかがでしょうか?
問い合わせはこちらから
http://www.grand-pages.com/inquiry/