一度は行ってみたいスペイン・バルセロナ!
ランブラス通り周辺は、アートや建築物、新しいものから古いものまで、見所がいっぱいのエリアです。

ランブラスとは、カタルーニャ語で「街を流れる小川」を意味します。その名の通り、かつては山からの雨水が川となって流れている地域で、現在では地下のトンネルを流れています。詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカは、ランブラス通りを歩いている時、「終わって欲しくないと願う世界に一つだけの道」と詩ったそうです。そんな魅力的なランブラス通りを歩き周辺を散策してみはいかがでしょうか?

【問い合わせはこちら】
http://www.grand-pages.com/inquiry/
Trip adviser MICHIHIRO FUNAYAMA
shutterstock_105220358