海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

モルディブの新婚旅行を個人手配したら費用はどのくらい?

ハネムーン

2019.05.13

新婚旅行先にモルディブを検討しているものの、どのくらい費用がかかるのか見当がつかない!というカップルに向けて、個人旅行として手配をした場合にかかるモルディブ旅行の各費用をご紹介します。

 

 

 

航空券

日本⇔モルディの往復航空券の年間平均は88,400円程度。

相場が最も高いのは、気候が良く欧米からの旅行者が増える4月で、通常料金から10%程度UPします。

今回はイースターとGWが明けて価格が落ち着いた、5月中旬の航空券で比較してみましょう。(2019年3月調べ)

 

・LCC(エアアジアを利用した場合)

最安値46,497円~

 

・エコノミー(シンガポール航空を利用した場合)

最安値10,6030円~

 

・ビジネス(キャセイパシフィックとスリランカ航空組み合わせ)

286,939円~

 

ローコストキャリアは価格面でメリットが大きいといえます。しかし、日本から中継空港まで6~7時間程度の飛行時間があるので、快適性を重視するなら通常キャリアを選んだ方がよいかもしれません。

 

 

宿泊費用

モルディブ旅行の大部分を占めるのがリゾートの宿泊費用。近年では安価に泊まれるゲストハウスも増えてきていますが、ラグジュアリーリゾートがその大半を占めます。

リゾートの中でもランクが分かれているので、カジュアル~ラグジュアリーまで値段を見てみましょう。宿泊費用が高めに設定されている4月と、平均的な5月の料金の両方をご紹介します。

 

※1泊大人2名。2019年3月調べ、価格はすべて公式サイトから。割引料金が同時に表示される場合もあります。

 

写真はイメージです

 

3つ星リゾート

エンブドゥ ヴィレッジ」は古き良きモルディブリゾートの趣を残す、シンプルなサービスのリゾートです。ハウスリーフが評判の宿でもあります。

4月: 313USD

5月: 224USD

 

4つ星リゾート

コマンヅーモルディヴアイランドリゾート」はヴェラナ国際空港からは水上飛行機で40分と少し離れていますが、口コミサイトでも人気の高いリゾートです。宿泊は18歳以上からとなっているため、静かな大人の雰囲気でハネムーナーにもおすすめです。

 

4月: 1,081 USD

5月: 657USD

※オールインクルーシブ付きは+約100USD

 

 

5つ星リゾート

上を見ればきりがないモルディブのラグジュアリーリゾート。一泊100万円を下らない宿もちらほら。

 

ミレイドホー アイランド モルディブ」はバア環礁に位置する5つ星ホテル。ヴェラナ国際空港からは水上飛行機で約35分の距離にあります。ユネスコの海洋保護区にもなっており、美しい自然を体感できます。

 

4月:2366USD

5月:2275USD

 

 

そのほかの選択肢としてはゲストハウスがあります。一泊の宿泊料金は50~80USD程度です。リゾートホテルとはコンセプトやサービスも全く違ってくるので、目的にあった利用方法ができるのか調べた上で選んでみてくださいね。

 

 

食事

食事は基本的にリゾート内でとることになりますが、価格もリゾートプライスです(ピザが一枚4000円など)。とはいえ宿泊プランに夕朝食付きや3食付き、と含まれている場合がほとんどなので事前に確認しておきましょう。

 

ちなみに、リゾートならではのプランとしてオールインクルーシブがあります。こちらは食事の料金などをすべてカバーしており、アルコール飲料も含まれているので、お酒をたくさん飲む人にはおすすめです。

 

 

オプショナルツアー

モルディブリゾートの楽しみといえばアクティビティですが、宿泊費用には含まれていないことがほとんどです。ダイビング、アイランドホッピング、イルカツアーのようなアクティビティはボートや機器を利用することからそれなりの費用が掛かります。

 

宿泊施設が提供するアクティビティはそれぞれ費用が異なるので、料金表か施設へ直接確認してみてください。リゾートによってはオールインクルーシブにアクティビティが含まれることがあり、その場合は単発で申し込むよりも安くなる可能性もあります。

 

 

お土産

モルディブは大自然に囲まれたリゾート。服飾品のショッピングをする機会はありません。チョコレートや香辛料といった食べ物のお土産は観光地のお土産相場と変わらないでしょう。

 

 

注意すべき点

個人旅行を手配する際に注意したい点は「移動の費用は入っているかどうか」と「到着した当日の宿」についてです。

 

モルディブは南北に長い領海に島が点在しているため、移動は水上飛行機や国内線になることもあります。そのため、国内での移動費用も計算に入れておきましょう。また、ヴェラナ国際空港に到着するのが夜になった場合、リゾートに到着できても真夜中から一泊分の費用が掛かったりするので、損した気分にならないように上手にスケジュールを立てましょう。

 

 

♡♡♡

 

 

いかがでしたでしょうか。個人旅行でモルディブへ行く場合にかかる費用についてご紹介しました。個人旅行は抑えられる費用もあるかもしれませんが、パッケージツアーであれば大枠でかかる費用がすぐにわかり、旅程も旅行会社にお任せできるので、時間がない人にはツアーもおすすめです。

 

 

 

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典 旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休

この記事をかいたひと

KOYAN

海外旅行とNBA(アメリカのバスケット)・ファッションが趣味です。 最近周りからは【旅行プラン】や【趣味】を考えている時、顔がニヤけているとよく言われます。34歳、やんちゃな3歳の息子と格闘中!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典

旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休