海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

海外リゾートウェディング・ハワイ挙式・ハネムーンのご相談なら グランページ旅行サロン

ただいま旅行計画中!ハワイへの旅行で意外と費用がかかるものって何?

旅行の予算を計算するとき、パックツアーでも個人手配でも往復の飛行機代と食事代はすぐに思い浮かぶかもしれません。

でも実際に現地に行ったら、予想外に費用がかさんでしまっていた! なんてことあったりしますよね。

今回は意外と見落としがちな費用をピックアップ! 次の旅行に役立ててみてください♪

 

 

 

 

1、休憩時の飲食

パンケーキ

3食の食事は予算を組んでいるという場合は多いですが、意外と見落としてしまいがちなのが休憩時の飲食。

例えば、歩き疲れたのでお茶しよう!暑いからアイスを食べよう!から始まって夕飯のあとにちょっと他のお店で飲み直そう…までさまざまなシチュエーションが考えられますよね。

 

2、チリも積もれば…チップ

 

日本では馴染みがないチップ。

ホテルで荷物を持ってもらったり、なにか頼み事をお願いしてお世話になったり、ベッドメイキングをしてもらったりとレストランでもお会計時に必要になります。

チップ

ベッドメイキングなどでは大体1人1ドルが相場なのでそんなに気にならないかもしれませんが、

連泊したり宿泊人数が多かったりするとなんだかんだでチップも嵩んできます。まさにチリも積もれば…なんです。

 

 

3、ホテルによってかかるリゾートフィー

 

すべてのホテルで適用されているわけではないですが、リゾート地では設定されていることが多いリゾートフィー。

宿泊費とは別に支払うことになる費用のことで、大体は1泊につき1部屋ごとに請求されます。

リゾートフィーを支払うことによって、ホテル内のWi-Fi接続やアメリカ国内の電話が無料になったり、

部屋にあるミネラルウォーターが無料で飲めたりなどの特典を得られます。

価格はホテルによって差がありますが、10~40ドルが相場といったところ。

なので例えば1泊40ドルのリゾートフィーのホテルに4泊すると、リゾートフィーだけで160ドルかかってしまうので

事前にしっかりチェックすることをオススメします!

 

 

4、駐車場

 

海外のリゾートホテルの駐車場でよく見かけるのが、「バレーパーキング」と「セルフパーキング」。

「セルフパーキング」はその名の通り、自分で駐車すること。この場合は駐車場代金が無料だったり低価格だったりする場合が多いです。

 

「バレーパーキング」とは係員に駐車をお任せすること。高級なホテルリゾートではこちらの場合があり、その場合は駐車の金額も高めの設定なこともしばしば。

連泊の場合はその分駐車代が上乗せされることになるのでやはり事前にチェックしておくと安心です。

新郎新婦

 

いかがでしたでしょうか?

宿泊費や食事・交通費は予算をたてやすいですが、それ以外にも必要になるの費用って意外とあるものです。

余裕のある予算設定を組んで、現地でも慌てることのないようにしたいものですね。

 

ハネムーンや結婚式についてのご相談なども承っております。

ご相談はこちら!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典 旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休

この記事をかいたひと

KOYAN

海外旅行とNBA(アメリカのバスケット)・ファッションが趣味です。 最近周りからは【旅行プラン】や【趣味】を考えている時、顔がニヤけているとよく言われます。34歳、やんちゃな3歳の息子と格闘中!

いつでもお気軽にお問い合わせください。

WEBご予約特典

旅行代金総額より10,000円OFF

お電話でのご相談

tel 075-241-1100

[月〜金]11:00〜19:00 [土日祝] 9:00〜20:00
※火曜定休

チャットでのご相談

QRコードをスキャンして“お友達追加”してください

※火曜定休